MENU

逆指値はどんな時に使う?

逆指値はどんな時に使う?

逆指値はどんな時に使う?・・・トレンドフォローや損切りに使う。

 

 

逆指値はどんなシチュエーションで利用されるのでしょうか ?

 

まず、為替レートのトレンドがハッキリしているときに、
現在値より高い価格で買う、あるいは現在値より安い価格で売るといった
トレンドフォローの場面。

 

また、急な相場の変動に備えて、被害を最小限に抑えるための損切や、
目標価格で自動的に利確するときにも利用されます。

 

 

トレンドフォローで使われる逆指値とは
通常の指値では、現在値より安い価格で買って高く売りますが、
逆指値は上昇トレンドに乗つて、現在値より高い価格で買つて、さらに高値になったところで売ります。

 

 

自動的に利益を確定させる逆指値
買建玉から、ある程度の利潤が乗ったところで売却するように指定しておけは、
自動的に利益を確定させることができます。

 

 

損失を限定する逆指値
急激な為替変動があったときに備えて、買建玉より安い価格で損切りを指定します。
これにより、損失の拡大を防ぐことができるのです。

 

損切りとは・・・大きなニュースで急激に為替レートが変動すると、建玉に含 み損が発生します。それ以上、損失を拡大させないょぅに決済 して損失を確定させることをいいます。

 

トレンドフォローとは・・・大き なニュ ースなど の 影響などで、 為替レ ート が 上昇し ,た り 下降する 場合、その 流れ(ト レ ント )に 逆ら わすに 、 売買 し ていく 手法です .